最近何かと話題となるvio脱毛ですが、脱毛エステなどの専門業者でお願いするのはなかなか勇気がいりますよね。可愛い水着は楽しみたいけれど、アンダーヘアーの脱毛は恥ずかしい。そうなると、諦めてしまいがちです。
しかし、そんな人の味方となるのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器はvioのお手入れも出来ます。今回は、vioのセルフ脱毛のメリットやオススメのメーカー、注意点などについてご紹介します。

アンダーヘアーをセルフ脱毛するメリット・・♪

アンダーヘアーのセルフ脱毛のメリットといえば、真っ先に思い浮かぶのが気軽さなのではないでしょうか。
やはり、女性同士とはいっても専門業者にデリケートゾーンの脱毛を任せるのは恥ずかしいですし、不快感もありそうですよね。しかし、セルフ脱毛だと自分で出来るのでその心配もありません。

ただ、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理に毛抜きや除毛クリームなどを使用すると、色素沈着などという皮膚トラブルも起こしやすいという恐れもあります。
そこで、オススメしたいのが家庭用脱毛器なのです。

家庭用脱毛器ですと毛の黒い部分のみに反応しますので、肌への負担が軽くなります。
そのため、除毛クリームや毛抜きに比べると皮膚トラブルを起こしにくいというメリットがあります。また、除毛クリームや毛抜きとは違って、毛量や毛質を変えられるという期待もあります。使い続けることで、少しずつアンダーヘアーが薄く生えにくくなっていくところもメリットの一つでしょう。

【関連】家庭用脱毛器を使えば、アンダーヘアも自分で簡単に脱毛できちゃいます!

vio脱毛に向いている家庭用脱毛器をご紹介

家庭用脱毛器が必ずvio脱毛に仕えるとは限りません。ですので、お持ちの脱毛器がアンダーヘアーに対応しているかどうかを必ず確認した方がいいでしょう。中にはアンダーヘアーには使えないものもあるので、注意が必要です。
また、デリケートゾーンは敏感です。一番痛みを感じやすい部分でもあるので、出力レベルを調整できるものが望ましいでしょう。

それでは、vio脱毛が可能な家庭用脱毛器にはどんなメーカーのものがあるのでしょうか。
vio脱毛であげられているものは、ケノンヒカリエピプロツーピーエスといったメーカーのものがあります。このうちの、ケノンはvラインのみの使用を推奨しています。iライン、oラインは、vラインに比べてさらにデリケートな場所です。そのため、メーカーは推奨していないようです。中にはiラインやoラインにも使っている人がいるようですが、自己責任となりますので気を付けましょう。

家庭用脱毛器でvio脱毛する際の注意点について

vioはやはりデリケートな部分です。VIOを自分で処理する場合、色素沈着以外にも皮膚が薄いために炎症などのトラブルも起こる可能性があります。
それを覚悟したうえでしなくてはなりません。

vラインを脱毛するときは、保冷材や冷タオルなどで照射する部分を冷やしながら行いましょう。そうすることで、痛みや皮膚への負担を抑えることも可能です。照射する部分のアンダーヘアーは短くカットしておきましょう。

iラインは色素の濃い場所や粘膜の部分があるため、注意の必要な部分です。衛生面上の問題もあるので、Iライン脱毛用のショーツを用意したり、脱毛前後の冷却を念入りにしておくといった工夫も必要となります。
また、照射しにくいというデメリットもあるので、時間がかかるかもしれません。

oラインは自分で処理をするのが大変難しい場所です。
家庭で行うのは危険であり、さらに痛みを感じやすいという特徴もあるので、推奨されていないことが多いようです。ですので、この部分を自分で処理するとなると、自己責任での脱毛となるでしょう。不安な人は、専門業者に任せた方が良さそうです。

家庭用脱毛器でvio脱毛をする場合は対応したものを使用しましょう

アンダーヘアーを家庭用脱毛器で整えたい場合は、vio脱毛が可能かどうかを必ずチェックしましょう。

vio脱毛の注意点や使用方法をしっかりと守れば、安全に行うことができるはずです。メーカーごとの

注意書き等もよく読みながら、vioをお手入れしましょう。

関連記事です☆