ネットで売られているフラッシュ型の脱毛器の中にはしっかりと効果が現れるものがたくさんあります。しかし、それでも「クリニックと同じようなものでなければ安心できない」という方はいるはず。
そのような方におすすめなものが、家庭用の機器では唯一レーザー型を採用しているトリアです。

トリアの特徴

レーザー
トリアは医療レーザーでもよく用いられる、ダイオードを採用しています。ただし、家庭でも安全に使えるよう、クリニックとくらべると出力は控えめです。それでも相当なパワーがあるため不満を抱くことはないはずです。
2年間の製品保証があり、欠陥や故障があった場合は無料で対応してもらえます。
また、購入後30日間で脱毛効果を実感できなかったら返金という保証も。
メーカーが製品にたいして並々ならぬ自信を持っていることが分かります。
「医療用のものを使うということは高いのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、フラッシュ型とほとんど同じような価格です。
5段階の出力調整、LEDディスプレイなど他の優良品に付いているような機能も各種揃っています。

レーザー脱毛とは?

脱毛
レーザーは単一の波長で集中的に熱を集めて照射するものです。同じ電力消費でもエネルギーが集中している分、フラッシュよりも脱毛効果が早くなります
ただし、その分だけ皮膚に当たると痛みを感じやすいという欠点も。無闇に照射するのではなく、ムダ毛を狙って慎重に打つようにしましょう。デリケートゾーンなどの利用は慎重に判断したほうが良さそうです。

また、光が拡散しないため使っていて眩しくありません。
サングラスを掛けなくても目に優しく使えますが、くれぐれも照射口を直接覗き込むようなことは厳禁です。利用者本人でなくても、自宅内に子供がいる場合は気を付けましょう。

レーザーやフラッシュは髪の毛のメラニン色素を通じて、毛穴の奥にある毛乳頭細胞に熱を伝えます。
しかし、前者はピンポイントで照射されるため、うぶ毛や細い毛は上手に当てないと脱毛効果が実感しにくくなります。必然的に1ショットでカバーできる範囲が狭くなるため、腕や脚などの広い部位はかなり時間が掛かるという点も注意点になります。
トリアは家庭用脱毛器の中では珍しい、医療レーザーを採用した製品です。フラッシュ型とくらべてピンポイントで強い効果が期待できます。
ただし、それだけ照射範囲が狭く、痛みを感じやすい点には注意しましょう。
ワキや顔など、狭い部位には大きな効果が得られるでしょう。


関連記事です☆