脱毛する方の中には、家庭用機器を買うかサロンに通うかで迷った方もいるはず。後者のメリットとして、エステのように丁寧な肌ケアをしてもらえるという点が挙げられます。それを「良いな」と思う方は、ぜひともレイボーテエクストラを使ってみましょう。

レイボーテエクストラの特徴

レイボーテ
ヤーマンが開発しているレイボーテシリーズには大きく分けて4つの種類があります。
最もおすすめなものはオーソドックスなタイプであるエクストラですが、使い方に応じて以下の中から自分に合ったものを選んでも良いでしょう。

  • グランデ:100,000円以上の高価格だがフラッシュの出力が最大クラス
  • スピーディ:シェーバーとフラッシュが一体になったスピーディケア型
  • プラス:男性の太くて濃いヒゲやVラインなどにも対応

シリーズに共通する特徴として、冷却プレートを使ったクールダウン機能が付いています。これにより、脱毛前後に保冷剤やジェルなどを使って冷やす面倒な工程が省けます。
それ以外にも、肌を引き締めて毛穴が開くことを防止する効果も期待できます。

どれも照射面積が4.95cm2と広く、たとえば両ワキなら1回10ショットほど、肘下なら20ショットでOKです。時間にしてみるとほんの数分しか掛からないでしょう。10段階という細かなレベル調整ができるため、どのような部位でもケアできます。

一般的な製品はカートリッジなどの消耗品を交換する必要がありますが、レイボーテシリーズは最大レベルでも15万発も照射できるため買い足しが必要ありません。このことからコストパフォーマンスが意外と高いという点もプラスポイントです。

日本人肌質に合わせて開発

メリット
レイボーテシリーズのもっとも大きな特徴がフラッシュの光です。提供元であるヤーマンが、日本人の肌質に合うよう独自に開発しています。その肝は波長にあり、紫外線などの有害な成分をカットし、美肌ケアが期待できる波長域を取り入れています。

定期的に照射するだけで脱毛効果が得られるだけでなく、エステに通った後のような理想的な肌が手に入れられます。これは他の家庭用脱毛器ではほとんど見られない、レイボーテシリーズオリジナルのメリットです。

まるでサロンに行ったかのような脱毛・美肌効果が得られる点が、レイボーテエクストラ人気の秘訣です。家庭用機器を使う場合、ケアを怠るとトラブルが起きがちです。そのようなことを不安に思う方は、ぜひとも購入を検討してみましょう。



関連記事です☆