パナソニックの光エステという商品をご存知でしょうか。ムダ毛の目立たない肌になるという宣伝に心惹かれた人もいるかもしれません。何より、大手企業で販売されているところに安心感がありますよね。
しかし公式サイトやネットの紹介をよく読むと、光脱毛器ではなく光美容器と書かれています。つまり、光エステは脱毛器とは異なるということです。では、光エステはどういった効果が期待できるのでしょうか。ここでは、パナソニックの光エステについて詳しくご紹介していきます。

パナソニックの光エステの機能をご紹介

パナソニックの光エステはお家で気軽に使用できる光美容器です。
肌に優しい光を照射することによって、シェービング後のお肌を整えてくれます。光は角質も取り去りますので、ムダ毛が目立たないだけではなく、キメ細やかな透明感のある素肌へと導いてくれます。

出力レベルは5段階で、肌に垂直に当てると自動的に照射されます。すっと滑らせれば連続で10発まで照射されます。脇や腕、足やVラインといった部位を広範囲に照射してくれるので、スピーディな仕上がりが期待できるというところが特徴です。
また、一般的な光脱毛器とは違い、ほとんど痛みを感じないという利点もあります。

カートリッジの交換はできませんが、ランプ寿命は最大で約15万発もあります。シェービング後のアフターケアに最適な美容器のようですね。

パナソニックの光エステとケノンを比較してみました

それでは、パナソニックの光エステと光脱毛器のトップ商品であるケノンにはどんな違いがあるのでしょうか。
両者の特徴を比べてみましょう。

まず、光エステとケノンには大きな違いがあります。それは、脱毛効果の有無です。
光エステの出力は弱く、ムダ毛は確かに目立たない肌になるのですが、ムダ毛が生えてこないという脱毛効果は期待できません。使用をやめると何事もなかったかのように生えてくるようになります。
一方、ケノンは脱毛エステで使用されているものと変わらない脱毛効果が期待できます。ムダ毛そのものが生えてきにくくなるので、光エステと比べて脱毛効果がとても高いようです。

では、コスパはどうでしょうか。
光エステはケノンよりも安く、3~5万円ほどで購入できます。一方、ケノンは7万円近くと結構お高い商品です。これだけ比べると光エステの方が価格が良さそうに思えますが、光エステは先述したようにカートリッジの交換が不可です。そのため、カートリッジが交換可能なケノンと比べると、長い目で見るとコスパが悪い可能性が高いようです。

このように比較した結果、やはりケノンの方が優れた脱毛器であるようです。光エステはあくまでもシェービング後の美容器として期待した方がよさそうですね。

パナソニックの光エステは、実は脱毛器ではないのでご注意を・・!

広告を見る限りですと、まるで光エステにも脱毛効果があるように思えてしまいます。
しかし、光エステはあくまでも美容器です。光の刺激でシェービング後の肌を綺麗にすることが目的で、ムダ毛も目立たなくはなりますが生えなくなるわけではありません。ケノンとは違い、一般的なエステサロンで使用される光脱毛器のような効果は期待できないようです。

お手入れをやめるとムダ毛はまた生えてきますので、光エステを使用してキレイになりたい人は、そこをよく理解したうえで購入しなくてはなりません。
一時的な減毛や抑毛のための道具として納得して使うのなら問題ありませんが、ケノンのような脱毛効果を期待して使用してしまうと期待外れな結果になってしまうと思います。決して安い買い物ではないので、気を付けたいところですね。

パナソニックの光エステは抑毛器!シェービング後のケアに使いましょう

光エステは使用を中止するとムダ毛の量も元に戻ってしまいます。しかし、全く効果がないというわけではなく、シェービング後の肌を綺麗にする効果はきちんとあります。ですので、脱毛器ではなく抑毛器として使用するようにしましょう。

関連記事です☆