サロンなどで脱毛したとき、保冷ジェルなどを使って冷却することがほとんどです。そこで気になるのが家庭用脱毛器を使ったときではないでしょうか。自宅で気軽に使用できるのが家庭用脱毛器のいいところですが、はたして冷却はどの程度必要なのでしょうか。とても気になりますよね。
そこで、ここでは家庭用脱毛器と冷却についてご紹介します。

家庭用脱毛器を使用する時は、冷却ジェルも必要なの?

結論から先に述べますと、家庭用脱毛器の使用にあたって冷却ジェルは不要です。
家庭用脱毛器では冷凍庫で冷やした保冷剤を照射前に当てておくというやり方が推奨されており、それだけでも痛みや火傷防止に十分役立ちます。

決して使ってはいけないというわけではありませんが、冷却ジェルの使用で家庭用脱毛器がべたべたになってしまうと衛生面でもあまりよくありません。
用意するのも大変ですし、衛生面での不安があるくらいなら、保冷剤でよく肌を冷やすというだけで十分です。それに、ジェルの成分によっては脱毛器の脱毛効果を薄めてしまうおそれもあります。そのため、保冷ジェルの使用はあまりオススメされていないのです。

脱毛専門業者ではジェルを使うけど、どんな効果があるの?

それでは、脱毛専門業者はなぜ保冷ジェルを使用しているのでしょうか。
脱毛サロンなどで保冷ジェルが使用される際の主な理由は、効率よく肌を冷やすという点にあります。フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応する光を当てて熱エネルギーによって毛根にダメージを与えるという方法ですので、火傷防止のために肌を冷やしておかねばなりません。
ジェルを塗ると、肌の冷えが持続しますので、照射中に痛みを感じにくくなるという利点があるのです。

また、ジェルには抑毛効果のある成分が配合されている場合があります。光による相乗効果を狙って、毛を生えにくくするのです。この脱毛法をS.S.C脱毛と呼びます。

このように、脱毛専門業者がジェルを使用するのには、さまざまな理由と狙っている効果があります。
ただし、ジェルを塗られる側は時にそれが不快になることもあります。ベタベタしますし、落とすのが面倒ですからね。冷えすぎて不快だという場合もあります。
そこで、最近では脱毛機器に冷却機能がついているものも登場し、冷却ジェルの使用を避けるサロンも存在します。必ずしも冷却ジェルが必要というわけではないことが分かりますね。

もしもジェルを使いたいなら、メーカーに確認を!

家庭用脱毛器において冷却ジェルの使用はあまりオススメされていません。
しかし、人によってはさまざまな理由から冷却ジェルを使用したいという場合もあるかもしれませんね。冷やすのに効率がいいという理由もあれば、美容効果をついでに期待したいという理由もあるでしょう。
そんな場合でも、絶対に冷却ジェルを使ってはいけないのでしょうか。

どうしても使いたいという場合は、ご使用している家庭用脱毛器のメーカーに確認してみることをオススメします。
例をあげるなら、人気家庭用脱毛器であるケノンの場合、化粧品成分の配合されていない冷却ジェルならば使用してもいいという記載が説明書にあります。
化粧品成分は光で酸化する恐れがあってよくないためです。ですので、使用したい場合はジェルの成分をよく確認しておきましょう。

他の家庭用脱毛器はメーカーによってそれぞれ違います。
もしも、説明書に書かれていない場合は、自己判断をせずに迷わずメーカーに問い合わせてみましょう。せっかく綺麗になりたくて脱毛するわけですから、慎重に判断しましょう。

家庭用脱毛器では冷却ジェルを使わなくてもOK!

サロンでは肌の冷却の効率や抑毛効果などの様々な理由により冷却ジェルを使用しますが、家庭用脱毛器の場合は保冷剤での冷却だけで大丈夫です。どうしても使用したい場合は、ご使用している家庭用脱毛器のメーカーに確認してからにしましょう。

関連記事です☆