エステサロンに通いたくない、家庭でも気軽に脱毛がしたい、そんな人の心強い味方となるのが家庭用脱毛器ですが、その種類によっては脱毛効果が全く違います。多くの人が誤解しがちなのが、除毛器と脱毛器の違いです。では、除毛と脱毛はどのように違うのでしょうか。また、実際に使用してみるとどのように違うのでしょうか。
ここでは、除毛と脱毛の違いと一番効果のある脱毛器についてご紹介します。

まずは脱毛と除毛の違いについてしっかり理解しよう

家庭用脱毛器の紹介の中には、除毛器が含まれていることも多くあります。
たとえば、毛抜きマシンやサーミコン式と言われているものは、脱毛器ではなく除毛器となります。それ以外の光脱毛器やレーザー脱毛器との違いは、毛が抜けた後どうなるかというところにあります。

まず、除毛器は速効性のある道具です。
ムダ毛を処理するのにとても便利で、使うとすぐにツルツルなお肌になれます。それに比べ、脱毛器は使用する前に必ずシェービングをしておく必要があります。つまり、脱毛器は毛を除くことが目的ではなく、毛を除いた後で生えにくくするというところに狙いがあるのです。
これが脱毛効果です。

除毛器ではこうした脱毛効果は期待できません。しばらく経つと毛は前のように生えてきてしまうので、また処理しなくてはいけません。一方、脱毛器は脱毛効果が期待できるので、時間が経っても生えてくるムダ毛の量が減ったり、生えにくくなってきて処理が楽になっていきます。
これが、除毛器と脱毛器の違いとなります。

人気ランキングで上位の家庭用脱毛器をそれぞれ比較してみよう・・!

家庭用脱毛器で人気が高いものが、ケノン、トリア、ツーピーエス、レイボーテRフラッシュ、光エステ、ノーノーヘア、ソイエといった商品でした。
それでは、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

まず、ケノンとツーピーエス、レイボーテRフラッシュは、光脱毛器で、トリアはレーザー脱毛器です。
しかし、光エステは脱毛器ではなく美容器であり、ノーノーヘアとソイエはそれぞれサーミコン式と毛抜き式の除毛器になります。ですので、脱毛効果はケノンとトリア、ツーピーエス、レイボーテRフラッシュに期待した方がよさそうです。

ツーピーエスとレイボーテRフラッシュ、トリアはケノンに比べて価格が安いというメリットがあります。
しかし、そのうちのレイボーテRフラッシュとトリアはカートリッジが交換できないので、ひょっとしたらコスパは悪いかもしれません。一方、ツーピーエスとケノンはカートリッジの交換が可能であるため、継続的に使用することが可能です。

次に、ツーピーエスとケノンを比べますと、脱毛スピードに違いがみられます。
ケノンは脱毛スピードが速いため、脱毛に要する時間もそれだけ短縮できるという強みがあるのです。

参考ページ▼
脱毛器ケノンは値段は高めだが効果的には一番期待できる
家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー型であるトリアは、ヒゲ脱毛にもGOOD!
ツーピーエスはvioラインも安全に脱毛できるのが他メーカーにはない強み
Panasonic光エステESは脱毛器ではなく美容器ですが口コミで評判です

脱毛効果で好評なのはケノンとトリア

脱毛効果や使い勝手を重視した際、ユーザーからの評価がとても高いのがケノンとトリアです。
ケノンは光脱毛ですので、レーザー脱毛であるトリアに比べて出力は弱めです。しかし、それだけに痛みも軽めで、なおかつ女性にとって効果は十分といえるのでケノンが人気のようです。ただし、ケノンは男性のヒゲなど濃い部分にはなかなか効果が出にくいようです。

一方、トリアは色素の濃い毛にとてもよく反応するので、男性のヒゲにも効き目があります。毛の濃い部分をピンポイントで脱毛したい場合は、トリアはとても効果的です。ただし、産毛には反応しにくく、ケノンに比べて照射範囲も狭くて痛みを感じやすいという点もあります。

結局、ケノンとトリアのどちらがいいかという事は、はっきりと言えません。体質や使う場所によって使い分けられるのが理想といえるでしょう。
どちらかを使用したい場合は、自分の気になっている部位や毛質をよく把握してから選ぶようにしましょう。

コスパや使い勝手などで総合評価が高いものはケノン!

脱毛効果は出力の強さで決まります。一番強いのはレーザー脱毛と言われており、トリアがこれにあたります。その次が光脱毛なのでケノンということになります。ただし、使い勝手やコスパなどを比較してみたところ、ユーザーの総合評価が高いのはケノンのようです。
家庭用脱毛器を購入する際は、ぜひとも参考になさってください。

関連記事です☆