何かの持病がある人や薬を飲んでいる人は、脱毛しない方がいいかもしれません。
自宅で家庭用脱毛器を使う場合には、脱毛サロンのようにスタッフが注意してくれるわけではないので自分で「光線過敏症」にならないように気を付けなくてはなりません。
自分で脱毛を行う前には、必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

脱毛する時はなぜ薬の服用NGなの?体への影響は?

脱毛前には、薬を飲んでいないかどうか聞かれることが多いです。薬を飲んでいる場合は、その日の施術を断られることもあります。

それは、飲んだ薬の種類によっては、脱毛時に肌に赤みが出たり、皮膚炎を起こしたりする可能性があるからです。実は、飲んだ薬の副作用によって、脱毛後の肌に赤みなどが生じる症状を「光線過敏症」と呼びます。

脱毛前は市販薬は絶対に飲まないようにしましょう。何かの病気があって医師から薬を処方されている場合は、脱毛しても大丈夫かどうか必ず事前に相談するようにしてください。

家庭用脱毛器で脱毛中どのような薬が服用禁止なのか

医療機関が定めているものなので、すべての薬について把握するのは難しいかもしれませんが、主に下記のような薬を脱毛前に飲むのはNGです。

  • 抗生物質
  • 解熱鎮痛剤
  • 抗ガン剤
  • 経口抗真菌薬
  • 利尿剤血糖降下薬

その他にも、血圧に関する薬や精神安定剤などもNGです。

上記以外の薬であっても、自己判断で脱毛前に飲んでしまうのはおすすめできません。処方薬がある場合は、必ず医師か薬剤師に事前に相談するようにしましょう。

皮膚に塗るステロイド剤などを脱毛箇所に塗っている場合も脱毛の施術はできないので気を付けてください。薬の副作用によって皮膚が腫れたり、火傷を起こしたりする症状が出ると大変ですので、充分注意が必要です。

「健康な体と心」であることが脱毛の第一条件

実は、持病のある方は家庭用脱毛器を使わない方がいい場合もあります。たとえば、脱毛が困難とされる病気には下記のようなものがあります。

まず、てんかんの既往歴がある方は、フラッシュの光が発作を誘発してしまう危険性があるので脱毛はおすすめできません。ガンの既往歴がある方も、抗ガン剤が危険な副作用を起こすことがあるので脱毛しない方がいいでしょう。

また、光線過敏症やケロイド体質の方も、家庭用フラッシュ脱毛器の使用で火傷を起こす危険性があるのでNGです。薬物アレルギーや緑内障などの病気を持つ方も、薬による副作用が懸念されるので、脱毛しないのがおすすめです。

糖尿病や甲状腺疾患、心臓病、肝臓病などの内科系疾患を持つ方も、家庭用脱毛器の使用は控えた方が良いと思われます。特に、心臓にペースメーカーを埋め込んでいる方も、何か心臓に悪い影響を与えると命にかかわるので、脱毛はしないようにしましょう。

とにかく、家庭用脱毛器を使う場合、内服薬や持病がある方は決して自己判断だけで大丈夫だと考えてはいけません。必ずかかりつけの医師にきちんと相談して許可をもらってから脱毛するようにしましょう。

関連記事です☆