ムダ毛処理、みなさんはどのようにしているでしょうか?
脱毛サロンで完璧に仕上げている人もいれば、家庭用脱毛器で処理している人、シェーバーやカミソリで定期的に自己処理している人……様々かと思います。
その中で特に、「自己処理」している人。その方法は大丈夫ですか? お肌に要らぬ負担をかけていたりはしませんか?
間違ったムダ毛の自己処理は、「埋没毛」になりやすい状態が生じています。

間違ったムダ毛自己処理方法を続けていると、理没毛になりやすい!

「埋没毛」とは、埋もれ毛ともいい、体毛が皮膚でフタをされたような、薄い皮膚1枚下に埋もれたまま生えてしまった毛のことを言います。毛穴があったはずの場所に黒い点のようなものが見えたら、それが埋没毛です。
この埋没毛、実は肌が何らかのダメージを受けていると引き起こされるもので、主な原因としては、
【カミソリで剃った】
逆ゾリをした、シェービングローションを使わずに剃った、カミソリの切れ味が悪い等、これは、毛を剃りながら同時に肌に傷をつける行為も行ってしまっています。

【毛抜きで毛を抜いた】
毛を無理やり抜くことは、抜いた瞬間に皮膚を無理やり引っ張っているような状態で、これが肌にダメージを与えています。抜いたそばから毛穴が赤くなるのは、そのせいです。

【乾燥や炎症などの肌トラブルがある】

肌トラブルがあるときは、カミソリ・毛抜きは当然、一見は大丈夫そうな家庭用脱毛器でもシェーバーでも、肌を痛めます。

このように、間違った処理方法を取り続けると、肌のダメージ拡大を防ごうとして肌の角質が分厚くなっていき、表面に出ることのできなかった毛が、皮膚の中でどんどん伸びていき、埋没毛となるのです。

もし理没毛になったら、どうしたらいいの・・?治療法は?

では、もしも埋没毛になってしまったら?
これは、基本は「何もしない」ことです。何となく皮膚の中からほじくり出して抜いてしまいたくなりますが、これは肌を傷つけているわけで、再び埋没毛になる準備をしてしまっているようなものですので、ここはじっと我慢です。
ほかに出来ることと言えば、尿素配合のクリームで問題の箇所の角質を柔らかくする、ボディスクラブで問題部分の角質を落とすなど、肌の正常化の手助けをすることです。
とにかく、傷ついた肌のターンオーバーが正常になるのを、じっと待ちましょう。

家庭用脱毛器で理没毛の対策と予防ができる!

では、「埋没毛」になるのを防ぐには? ……という話になりますが、そもそも埋没毛ができるのは、肌にムダ毛が残っているからです。
もともとムダ毛を処理したくて剃ったり抜いたりしていたわけですから、思い切って脱毛してムダ毛をなくしてしまえば、埋没毛がなくなる上、これまで何度も行っていた処理の手間も減って、一石二鳥ともいえます。

この脱毛について、脱毛サロンや脱毛クリニックへ行くのもいいですが、これは家庭用脱毛器でも充分対応可能です。
もちろん、肌の調子が良いときに、正しく器具を使うことなどが前提となります。

また、脱毛を終えた直後は、肌が敏感になっています。ここでまさかの埋没毛を生み出さないよう、肌のクールダウンをしっかり行い、保湿クリームをしっかり塗って、肌への潤いを忘れないようにしてください。

正しい肌ケアが何よりもの予防策

以上、埋没毛についていろいろと説明してきたわけですが、総合して言えることは「正しい肌ケアができているかどうか」になります。
肌ケアがしっかりできていれば、脱毛した時の肌への負担も最小限に抑えられますし、いずれ脱毛の効果が出てムダ毛が少なくなっていけば、それは自ずと埋没毛への対策と予防になっているということでもあるのです。

関連記事です☆