妊娠中や授乳中に、体毛が普段よりも濃くなったと感じる女性は多いようです。ホルモンバランスが普段とは異なるので、どうしても肌の黒ずみなどが目立ち、体毛も濃くなってしまいます。

妊娠中・授乳中は家庭用脱毛器で脱毛をするのは避けたほうがいいでしょう。肌が敏感になっているので、刺激を与えてしまいます。また、思うような効果を実感できません。

妊娠中・授乳中の女性は体毛が濃くなる

ホルモンバランスの関係から、妊娠している場合や授乳中である女性は体毛が濃くなることがあります。お腹やおへそ周りの毛が濃くなって悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが増えます。それによってメラニンの生成を促すホルモンも増加します。その結果肌の黒ずみやシミ・ソバカスなどを引き起こします。

また、体毛を濃くする作用もそのホルモンにはあります。ですから妊娠中はどうしても体毛が濃くなってしまうものなのです。

授乳期間が終われば元に戻る

妊娠が終わり、授乳期間が終われば、ホルモンバランスはまた元に戻ります。そのため体毛の濃さも以前のようになります。ですから「妊娠・授乳中の体毛が濃い!」と過度に心配する必要はありません。

必ず元に戻るので焦らず、変にストレスを感じないようにしましょう。プロゲステロンというホルモンが元の量に戻れば、体毛も薄くなっていきます。

妊婦や授乳中のお母さんは家庭用脱毛器を使ってもいいの?

基本的に各脱毛器のメーカーは妊婦や授乳中のお母さんの脱毛器の使用を禁止しています。どうしても使用したいという場合には医師の指示に従うことを推奨しています。

家庭用脱毛器は毛穴の中の毛に作用するのであって、体の中まで影響を及ぼすものではありません。それでも使用に制限がかけられているのは、妊娠中・授乳中の女性のホルモンバランスが理由に挙げられます。

ホルモンバランスが通常の体調の時とは異なるため、肌が非常にデリケートになっています。些細な刺激にも反応してしまうかもしれません。

またホルモンバランスが通常とは異なり、肌の状態も普段とは違うという時には機器の本来の効果を発揮しにくくなります。妊娠中・授乳中に脱毛をしても思ったような効果は得られない恐れがあります。

どうしてもムダ毛が気になるのであれば電気シェーバーを

けれども濃い体毛は誰でも気になってしまうものです。どうしてもムダ毛が気になる場合は電気シェーバーで剃るようにしましょう。

電気シェーバーは直接刃が肌に当たりません。そのため敏感になっている肌でも刺激を少なくしてムダ毛を処理することができます。深剃りしようとして強く押し付けるのは良くありませんが、適度に使用する分には肌に負担をかけません。

ムダ毛を処理した後は、きちんと保湿をしてあげましょう。クリームやローションなどを使って肌をいたわってあげてください。

家庭用脱毛器を使うのは授乳期間が終わってから

家庭用脱毛器を使って脱毛をするのであれば、ホルモンバランスが正常な状態に戻ってからにしましょう。つまり授乳期間が終わってからにしておいたほうが無難です。

無理に脱毛をしようとすると、肌に負担をかけてしまいます。妊娠・授乳中の肌は非常にデリケートなので、あまり刺激を与えないようにしましょう。

妊娠中・授乳中の女性の肌はとてもデリケートです。ホルモンバランスが通常とは異なるので体毛が濃くなりがちですが、家庭用脱毛器で脱毛をするのは避けた方がいいでしょう。

どうしてもムダ毛が気になる場合は、電気シェーバーなどを使って、肌にできるだけ負担をかけずにムダ毛処理をするようにしてください。

関連記事です☆