エステサロンの中には生理中の脱毛を断る場所もあります。生理中というのはホルモンバランスの関係から肌が非常に敏感になっています。そのため脱毛にはあまり適しません。無理に脱毛をしようとすると肌トラブルの原因になってしまいます。

どうしても自宅で家庭用脱毛器を使って脱毛したいのであれば、しっかりとケアをするようにしましょう。

生理中は肌が非常に敏感

生理中というのはホルモンバランスが通常とは異なります。乾燥やかゆみ、湿疹、ニキビなどができやすいという人も多いのではないでしょうか?生理中の肌というのは非常にデリケートなものなのです。

ですから生理中はできるだけ肌への刺激は少なくしたいものです。脱毛なども敏感になっている肌にとっては非常に負担である場合も。もしかすると脱毛が赤みやかゆみなどの原因になってしまうかもしれません。

生理中にムダ毛の処理をするのであれば、肌が荒れるというリスクのことを忘れないようにしましょう。できるだけ肌に負担をかけないように配慮する必要があります。

脱毛はあまりおすすめできない

生理中は肌が非常にデリケートになっているため、脱毛はあまりおすすめできません。カミソリなどによる自己処理も、肌の表面を傷つけてしまうため生理中は特に刺激になってしまいます。

エステなどで脱毛をするとしても、敏感になっている肌にとっては非常に負担です。生理中はできるだけ脱毛をしない方がいいでしょう。

エステや専門業者などの中には断るところも

エステや脱毛の専門業者の中には生理中の脱毛を断っている場所もあります。それだけ肌に負担をかけるリスクが高いのです。肌トラブルをできるだけ起こさないようにするために、生理中の脱毛は断られる場合があります。

もし予約した日に生理がかぶってしまったら、予約をキャンセルして別日に変更しなければなりません。

中には「生理であってもデリケートゾーン以外であれば脱毛可能」というエステも存在します。けれどもそういった場所であってもやはりあまり推奨はされません。

生理中はできるだけ脱毛しない方がいいでしょう。

家庭用脱毛器なら脱毛できる

家庭用脱毛器で脱毛をすることは一応可能です。禁止するという旨も取扱説明書などには書かれていません。生理中であってもどうしても脱毛したいのであれば家庭用脱毛器を使用してみましょう。

けれども生理中は肌が非常に敏感であることと、脱毛は肌に負担をかける行為であるということを忘れないようにしてください。もし、何らかの肌トラブルが生じた場合にはすぐに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

生理中に脱毛する際の注意点

脱毛を行う前には必ず患部をしっかりと冷やすようにしましょう。自宅の保冷剤などでも十分です。しっかりと冷やした上で施術を行います。

施術を行った後は十分な保湿を心がけてください。生理中は肌が乾燥しやすくなっています。脱毛の後は特に乾燥してしまうため、ボディローションなどで徹底した保湿をしましょう。

毛穴から雑菌などが入ると炎症を起こす原因になってしまいます。脱毛後も冷やして毛穴を引き締めるようにしてください。保湿した後に抗菌作用のあるボディパウダーなどを叩くようにすると完璧なケアができます。

あらかじめ肌のコンディションを整えておいても、脱毛の途中で肌に異常を感じたらすぐに脱毛をやめるようにしましょう。生理中に無理に脱毛をしても思ったような効果は出ません。肌がデリケートになっているので、無理をしないようにしてください。

生理中の脱毛はあまりおすすめしません。肌が非常に敏感になっているため、脱毛の刺激が非常に大きな負担になってしまうかもしれません。もし自宅で脱毛するのであれば、徹底したケアをするようにしましょう。

関連記事です☆