今の時代、タトゥーを入れている人も珍しくはありません。海外では当たり前のようにタトゥーを入れている人は多いようですし、日本でもワンポイントタトゥーをファッション感覚で入れる人はいます。
しかし、タトゥーを入れたら家庭用脱毛器を使えないという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。はたして本当なのでしょうか。ここでは、タトゥーと脱毛の問題と対策についてご紹介します。

タトゥー(入れ墨)の上から家庭用脱毛器を使用することは可能?

そもそも、タトゥーと家庭用脱毛器の相性はどれだけ悪いのでしょうか。
まず、家庭用脱毛器のなかでも毛を引き抜くタイプの脱毛器は、タトゥーへの影響はありません。というのも、このタイプの脱毛器は厳密にいえば脱毛しているというよりも、除毛しているためです。
いわば、カミソリや毛抜きが特殊な形になっているようなものですので、タトゥーをしていたとしても変わりません。

ただし、このタイプはもともと肌への負担が強いという点に気を付けましょう。また、ムダ毛が生えにくくなるなどの効果もないため、使用しながらムダ毛を抑制していきたい場合は、やはりフラッシュやレーザーによる脱毛器を選ぶことになります。
タトゥーが問題になるのは、このフラッシュやレーザーの脱毛器なのです。

なぜタトゥー部分に照射ができない?もし照射したらどうなるの?

家庭用脱毛器のフラッシュやレーザーは、クリニックのものよりも弱いとされています。
そのため、肌への負担も軽く、安全性が高いということで一般人でも購入して使用することができます。しかし、弱いと言っても、お肌は思っているよりもデリケートなものですし、脱毛をする光の刺激は甘く見られません。

フラッシュ式もレーザー式も、光がムダ毛の濃い色に反応することで毛根にダメージを与えるという仕組みとなっています。
したがって、ホクロやアザがある場合は、絆創膏などでふさがないと強い光の刺激が加わってしまい、火傷する危険があるのです。この危険性はタトゥーも同じで、もしもタトゥー部分に直接照射してしまったら、その部位が火傷してしまう可能性があります。

激しい痛みや火傷に苦しむのは、誰だっていやですよね。
それに、痛みや火傷が軽症であっても、強い光の刺激によってタトゥーの色が変化してしまう可能性もあります。せっかくのお洒落な色が変わってしまっても困るのではないでしょうか。
これらのことを考えると、タトゥー部分に照射をするということはNGと結論付けられます。

タトゥーと脱毛どちらもやりたいなら…

タトゥーをした後で脱毛をしたいという人もいるかもしれませんね。
毛を抜くタイプの脱毛ならば問題なく行えますが、それでは一時的にムダ毛がなくなるだけで、長期的な脱毛効果は期待できません。となると、どうにかして別の効果的な脱毛をしたいという人も中にはいるでしょう。

一応、タトゥーをしていても、ニードル脱毛なら行えるという話もあります。
しかし、こちらはクリニックでのみの脱毛ですし、家庭用脱毛器の中には含まれていません。フラッシュやレーザーとなると、やはりタトゥー部分をどうにかしなくてはなりません。

もしも、ワンポイントタトゥーのように、狭い範囲でしたら絆創膏やテープなどで保護をしましょう。
この時、タトゥー部分が透けて見えないかをチェックしてください。もしも透けていると、フラッシュやレーザーの光が反応してしまうので、ファンデーションなどで隠すという手もあまりおすすめできません。
必ず、絆創膏などでしっかりと隠しましょう。

では、ワンポイントではなく広範囲に渡るタトゥーだとどうでしょうか。
残念ながら、この場合は家庭用脱毛器の使用は諦めた方がいいかもしれません。これから入れたいという人で、脱毛もしておきたい場合は、先に脱毛をしてからタトゥーを入れるというように順番を考えておくのが大事だと思いますよ。

タトゥーを入れる前に脱毛を考えておきましょう!

タトゥー部分に家庭用脱毛器の光を当てると強い痛みや火傷につながる危険性があります。タトゥーが変色してしまうという可能性もあるため、脱毛をするならタトゥー部位をしっかりと隠すことが大事です。もしも、これからタトゥーを入れようと思っている場合は、脱毛についてもよく考えておくことをおすすめします。

関連記事です☆