13歳から15歳という中学生の時期は、第二次成長期とあってムダ毛が生え始めるお年頃です。早ければ小学生から大人の階段を登り始めるわけですが、やはり年頃の子どもたちにとってムダ毛の問題は深刻なものです。スポーツやバレエなどをしている子どもたちも同様でしょう。
ムダ毛処理を始める年齢ともなる中学生ですが、この時期に脱毛をするとなるとどのようなメリットや注意点があるのでしょうか。詳しくご紹介します。

中学生(13歳~15歳)でも家庭用脱毛器を使用できるのか?

中学生の時期に家庭用脱毛器を使用しても大丈夫なのでしょうか。結論から先に述べますと、問題ありません。
バレエなどをしていて脱毛が必要だという場合、カミソリで処理をしているとカミソリ負けをしたり肌を傷つけてしまう場合もありますよね。そんな時に役に立つのが家庭用脱毛器です。

中学生の脱毛はエステサロンなどでも受け付けており、問題はありません。しかし、まだまだ成長期ですので、脱毛サロンなどに通ったとしてもまた生えてきてしまう可能性があります。
それを考えると全身脱毛を受けさせるための費用がもったいないような気もしてしまいますよね。その点、家庭用脱毛器ですとコスパも良く使い続けることが出来るので、ぴったりです。

中学生のうちから家庭用脱毛器で脱毛をするメリット

カミソリや毛抜きによる除毛でもムダ毛処理は出来ますよね。どちらも念入りに行えば綺麗に処理できるはずです。そうではなく、家庭用脱毛器を使用するにあたって、どんなメリットなどはあるのでしょうか。

ムダ毛が生え始めたころから除毛ではなく脱毛をすることで、肌への負担が軽くなります。
カミソリですとカミソリ負けや切り傷などで、肌に負担がかかり黒ずみなどの原因になってしまいます。デリケートなこの時期の肌へのダメージはきっと後悔することになってしまうので、あまりよくありません。
同じく、毛抜きも肌へのダメージの原因になってしまう可能性が高く、よくありません。

その点、家庭用脱毛器ですと綺麗な仕上がりで脱毛することが出来ます。
医療用に比べると効果は確実な効果が出るというわけではありませんが、その分、肌への負担は軽く、毛の量や濃さに変化が出るため、ムダ毛が目立たない体になっていくのです。

なにより、肌質などへの悪影響を防止できるところが最大のメリットでしょう。
ムダ毛処理のデビューとなりやすい中学生の時期だからこそ、家庭用脱毛器の使用に適しているのです。

中学生が脱毛をする時の注意点

それでは、中学生が脱毛をする際の注意点は何があるのでしょうか。
13歳から15歳の時期はホルモンバランスの変化が起こりやすいので、せっかく脱毛をしても再び生えてくる可能性が高いことに注意しましょう。個人差もありますが未成年の間はそういうものだと考え、肌に負担にならない程度に脱毛を続けることが大切です。

また、必ず保護者の理解のもとで行わなくてはならない事に注意しましょう。
おすすめ商品であるケノンなど、多くの家庭用脱毛器は未成年による購入が出来ません。保護者の方が購入する必要があるので、脱毛をしたいという中学生の方は、まず、保護者の方に相談するところから始めましょう。

家庭用脱毛器は、エステサロンで使われるフラッシュ脱毛器や専門クリニックで使われるような医療脱毛器に比べて、出力が弱めで肌への刺激も軽減されるものです。
しかし、年頃の敏感なお肌には少々強い可能性もあります。ですので、ご使用の際は、痛みや肌の違和感に十分注意して行いましょう。

中学生にも家庭用脱毛器は使えます!

多くの子がムダ毛処理のデビューをする中学生の時期こそ、家庭用脱毛器のデビューにも相応しいタイミングです。この時期から脱毛することで、肌へのダメージを防ぐメリットがあります。おすすめはケノンですが、購入は保護者の方が行い、十分、注意をしながら使用しましょう。

関連記事です☆