家庭用脱毛器でワキガになるという噂を聞いたことがある方はいらっしゃるでしょうか。また、逆に脱毛をしたことでワキガが治ったという噂も聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。
正反対の噂ですが、いったいどちらが正しいのでしょうか。ここでは、脱毛とワキガの関係や、ワキガの原因についてご紹介します。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛するとワキガになりやすい?

まずは「家庭用脱毛器でワキガになる」という噂についてお話ししましょう。
せっかく綺麗になりたいのに、ワキガの原因になってしまってはいけませんよね。ムダ毛には悩まされなくても、臭いに悩まされ続けるのはとても困ります。

けれど、安心してください。正しいセルフ脱毛が原因でワキガになるということはありません。
セルフ脱毛してからワキガ臭が気になるようになったよという方がもしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、実は、その原因は厳密に言うと脱毛ではありません。
ですので、家庭用脱毛器でのセルフ脱毛をワキガの噂が原因で迷っているという場合は、考え直してもいいかもしれませんね。

逆に、脱毛するとワキガが治るって噂もあるけど….?

それでは、全く反対の「脱毛でワキガが治った」という噂はどうなのでしょうか。この噂を聞いて、ワキガが治るのなら脱毛したいという人も中にはいらっしゃるでしょう。

実際に脱毛をしてからワキガ臭が気にならなくなったという方はいらっしゃるようです。その理由として、「脱毛の光がワキガの原因となる汗腺にダメージを与えるから」という説が唱えられることがあるようですが、残念ながらそのような科学的根拠はありません。

本当の理由としては、おそらく、脱毛をすることでムダ毛がなくなり、通気性がよくなることで菌の繁殖がしにくい環境になったためかもしれないと言われています。つまり、脱毛で必ずワキガが治るとは限らず、体質によってはワキガのためのケアが必要です。
しかし、清潔性などの面から考えるとワキガ対策をしたいならば、脱毛することはとても有効的な方法といえます。

「脱毛すると毛が濃くなることがある?!」そんな噂の真相も知りたい方はコチラ▼
http://www.katieshugs.com/kateiyoudatumoukikoramu/koumouka/

そもそもワキガ臭が発生する原因ってなに?

正反対の噂を両方とも切る形になってしまいましたが、そもそもワキガ臭とは何が原因で起こってしまうのでしょうか。その秘密は汗にあります。人間の汗は、エクリン腺とアポクリン腺という二つの汗腺から発生します。

エクリン腺から出る汗は、塩分を多く含んでおり、さらさらしています。余分な栄養はほとんどなく、人間の身体にいる雑菌が繁殖しやすい環境とはいえません。
しかし、アポクリン腺から出る汗は違います。塩分はあまりなく、タンパク質、アンモニア、脂質、鉄分などを多く含んでおり、白っぽく粘り気があるのです。

実は、この二つの汗腺から出る汗の臭いはほとんど変わりません。
問題はその後です。エクリン腺の汗は先述した通り、雑菌の繁殖しづらい状態なのですが、アポクリン腺の汗は違います。雑菌が好む環境になりやすいので、独特な臭いが発生してしまうのです。

したがって、ワキガ対策をしたい場合は、清潔性を保つ・除菌するなどして、雑菌が繁殖しづらい環境を整えることが大事です。着る服も綿などの素材で通気性のいいものを着ると臭いがこもりにくくておすすめです。

脱毛をするといいという理由も通気性や清潔性にあります。脱毛が直接的にワキガを治すということはありませんが、雑菌が繁殖しないような環境になりやすくなります。
臭いは除菌をすることであっさりと改善されることもあります。菌が繁殖しづらい環境を考えて、食生活の見直しなどを考えることも大事なことかもしれませんね。

家庭用脱毛器とワキガの噂は関係なし!でもワキガ対策にはグッド!

家庭用脱毛器でのセルフ脱毛は、ワキガの原因にはなりません。しかし、逆にワキガを直接的に治す力もありません。ワキガの原因はアポクリン腺より発生する汗を好んだ雑菌が繁殖することにあります。したがって、ワキガ対策の一つとして脱毛をして、清潔性や通気性をよくすることは有効的といえます。

関連記事です☆