ムダ毛の自己処理をしていたら、肌がツルツルになるどころか毛穴がプツプツしていて汚くなってきた……。
そんな悩みをお持ちの方。その処理方法、もしかしたら間違っているかもしれません。
安易に考えてしまいがちなムダ毛の自己処理ですが、正しい方法に切り替えないと、お悩みの毛穴プツプツは解決どころか、もっとひどくなってしまいます。

ムダ毛自己処理が原因で毛穴のプツプツはどんどんエスカレートする?!

この「毛穴ポツポツ」にも幾つかあり、

  • 赤いプツプツができた
  • 黒いプツプツがある
  • 鳥肌みたいな状態になっている

など、人によって少し状況が違うかもしれませんが、これは、ムダ毛処理の方法を間違えているのが原因である可能性が高いです。

例えば、カミソリで剃るのであれば、肌にいきなりカミソリを当てると、周りの皮膚まで一緒に削られて肌を傷つけてしまうので、シェービングローションを塗ってから剃り始めるなど、肌への負担軽減を考えなければなりません。
また、毛抜きで抜く、脱毛ワックスを使っているなどの場合は、これは毛穴周辺の皮膚まで無理やり引っ張っているようなもので、結果、肌を痛めていますから、この方法はオススメできません。

さらに、肌が乾燥しているときに間違った方法でムダ毛処理をすると、事態は悪化します。
肌にうるおいが足りない状態だと、毛穴が開きやすく、肌に傷がつきやすくなり、これが「ポツポツ」の原因にもなります。

家庭用脱毛器で脱毛したら毛穴は無くなるのか?

これは脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも変わらないことですが、結論から言うと、脱毛したからといって毛穴そのものが無くなることはありません。
とはいえ、脱毛することで目立たなくすることは可能です。
先述した、ムダ毛の間違った自己処理が引き起こす毛穴の開きは、肌の状態が悪いことが主な原因ですから、しっかり脱毛してしまうことでムダ毛処理の手間を減らすことができれば、肌にかかる負担も必然的に減ることになります。

ですから、今までカミソリや毛抜きなどでやってきたムダ毛処理を、家庭用脱毛器での処理に変更してしまえば、その効果で生えてくる毛はいずれ目立たなくなっていき、処理回数も格段に減る結果につながります。
もちろん、脱毛後も乾燥肌は大敵ですので、きちんとした肌ケアを続ける必要はあります。その上で「毛穴が目立たなくなる」のです。

脱毛後の毛穴ケアについて

毛穴の開きが乾燥肌と直結する問題であることは、おわかりいただけたでしょうか?
そしてこれは、家庭用脱毛器で脱毛処理をやった直後も同じことが言えます。

【脱毛後の肌は大変!】
脱毛処理をした直後の肌は、毛穴が目立っているものです。
これは、脱毛器から照射する光が高熱であるため、毛穴が多少なりとも炎症を起こしており、肌も乾燥している状態です。そのせいもあって毛穴が開いているので、ひとまずこの肌ダメージを沈める必要があります。

【保湿クリーム必須!】
照射後は、毎回必ず肌のクールダウンと保湿を行い、乾燥した肌を正常な状態に戻す、つまり、潤った肌にする要があります。
脱毛した肌には、必ず保湿クリームを塗るようにしてください。毛穴のことが気になる人は、毛穴ケア用のクリームもありますので、そちらを検討してみるのもいいでしょう。

毛穴は無くならないけど、ケアはできる

以上のように、脱毛したら毛穴が無くなるという都合のいいことは起こりませんが、脱毛することで肌への負担を減らし、毛穴を目立たなくすることはできます。
基本として、肌の調子が良いか悪いか、きちんと潤っているかどうかで、毛穴が目立ってしまうかどうかも変わるのだということを覚えておき、日々の肌ケアをしっかり行うようにしましょう。

関連記事です☆