家庭用脱毛器を使えば自宅に居ながら脱毛サロンに通うような効果が期待できてしまいます。しかし、ネットで調べてみると家庭用脱毛器では永久脱毛が出来ないという話を目にすることもありますよね。それはどういうことなのでしょうか。
ここでは、家庭用脱毛器と永久脱毛の違いについてご説明いたします。

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なのか?

皆さんが真っ先に知りたいことはズバリ、家庭用脱毛器で永久脱毛ができるのかどうかというところでしょう。
はっきりと申しますと、家庭用脱毛器を使用しても永久脱毛は出来ません。家庭用脱毛器はエステ脱毛と同じような効果が期待されています。長期間使用し続け、毛根にダメージを与え続けることにより、ムダ毛が生えにくい体にすることが目的なのです。

家庭用脱毛器での光脱毛やレーザー脱毛には、永久脱毛に必要なほどの出力がありません。
そのため、脱毛をやめるとやがては前のようにムダ毛が生えてくることだってあります。しかし、効果がないのかというとそういうわけでもなく、長期間もしくは定期的に使用し続けて行けば少しずつムダ毛が生えてこない状態へと持っていくことができるのです。
定期的にしなければならない面倒くささはありますが、全く意味がないというわけではないのです。

家庭用脱毛器と医療クリニックの脱毛の違いについて

先程も述べたように、家庭用脱毛器はエステサロンでの脱毛と同じような仕組みです。
エステサロンで行われる光脱毛などでは、出力にかなり制限がかけられています。これは、毛根を破壊するという行為が医療行為に当たるからです。そのため、医師のいないエステサロンや自宅での脱毛には、ある程度の制限がかかった出力で脱毛しなくてはなりません。

しかし、医療クリニックには医師がいます。
そのため、毛根を破壊する医療脱毛を行うことができます。これが永久脱毛です。絶縁針というものを用いて、毛根を一つ一つ丁寧に破壊していくので、永久にムダ毛が生えない体になれるというわけです。ただし、絶縁針での脱毛が激しい痛みを伴うというデメリットがあります。

「100%の永久脱毛」への道は険しく、苦難が多いのでオススメしない

永久脱毛が可能なクリニックは、全国にほんの少ししかありません。
絶縁針脱毛での脱毛は、毛穴一本一本に電気針を刺して焼き殺すというものですので、かなりの激痛です。その上、医師がついているといっても火傷などのリスクがあるので、それなりの覚悟も必要です。
体に負担をかけてまで永久脱毛をしたい人はどれだけいるのでしょうか。火傷の心配をしながら高いお金を払って通い続けるのもなかなかのストレスになりそうですよね。

それなら、永久脱毛はできなくとも体毛が薄くなっていくくらいで十分なのではないかとも思います。
脱毛サロンに通っていても永久脱毛はできませんし、医療クリニックに通うのも辛い、そうなると、自宅で家庭用脱毛器を使いながら心身ともにストレスなく自分のペースで脱毛していく方がいいような気もしますよね。

家庭用脱毛器には個人差もあり、効果の出にくい人もいるかもしれませんが、人によっては永久脱毛に近い状態に持っていける場合もあるようですよ。
医療クリニックでの永久脱毛にチャレンジして肌に火傷などを負ってしまうよりも、可能性にかけて肌に優しい家庭用脱毛器を使い続ける方が安全ですし、肌の健康にもいいと言えるでしょう。

家庭用脱毛器での永久脱毛は不可能です!

家庭用脱毛器では永久脱毛ができません。永久脱毛ができるのは、激痛を伴い火傷などの心配がある絶縁針脱毛だけです。それでも、どうしても永久脱毛をしたい人は、医療脱毛でのリスクをよく理解したうえで通うようにしましょう。

関連記事です☆