「家庭用脱毛器を買いたいけど、海外製と日本製はどっちを選べばいいの?」
そう悩んでいませんか?
実際のところ、海外製の製品には安くて価格がお手頃のものが多いですよね。しかし、性能やアフターケアについても考えるなら、日本製のものを選ぶ方が得をするかもしれません。

日本製の家庭用脱毛器について解説

最近は、性能の良い日本製の家庭用脱毛器が増えてきました。ただし、その価格は4万円程度かそれ以上である場合もあります。海外製のものと比べると、どうしても割高である感じが否めません。

しかし、日本製の家庭用脱毛器には、日本人(黄色人種)の肌に合わせて製造されているというメリットがあります。そのため、フラッシュを照射しても肌を傷める危険性が低いのが特徴です。

また、購入後の保証やアフターケアに関しても、日本製の製品の方が手厚くなっています。そのため、価格が高いというデメリットはありますが、初めて家庭用脱毛器を購入する場合は日本製の製品を選ぶ方が良いかもしれません。

海外製家庭用脱毛器のメリットとデメリットとは?

一方、海外製の家庭用脱毛器は、価格が安いことが最大のメリットです。なかには、2万円にも及ばない低価格の製品も存在します。性能を考えずに価格だけを見れば、海外製のものの方が遙かにお得であると感じられるでしょう。

ところが、安いということには、それなりの理由があります。その分、どうしても質が下がるという大問題があるのです。アジアの某国が製造したテレビは、海外で4つに1つの割合で爆発事故を起こしているというデータもあります。

そこまでの不良品でなくても、海外製の製品を使うことには実はさまざまなリスクがあります。説明書が外国語で書かれていたり、アフターケアが不充分であったりするなど、さまざまなデメリットが存在するのが現実です。

購入後に苦労をしないためには、日本製の家庭用脱毛器を購入する方が肌トラブルの危険性も少なくて済みます。ただし、海外製でもFDAの認可を受けているトリアに関しては、品質が高くて信頼できるとするデータもあります。

「安全性や保障を重視」「長期的に脱毛器を使用したい」なら日本製が良い!

日本の機械技術は、世界でもトップクラスを誇るといわれています。せっかく自国の製品が身近に売られているのに、安さだけにつられて海外製の家庭用脱毛器を購入するのはもったいないのではないでしょうか?

日本製の製品を購入しておけば、もし何か不備があった場合でもすぐに対応をしてもらえるだけでなく、確実なサポートが受けられます。日本製の家庭用脱毛器は、購入する時や維持費に少し割高な金額がかかりますが、長期的な目で見れば海外製の製品を購入するよりもかかるコストを抑えられることが多いようです。

ですので、やっぱり購入するなら安心できる日本製の家庭用脱毛器を購入するのがおすすめです。特に、初めて自宅で脱毛機器を使うことを考えているなら、日本製のものを選んだ方がいいでしょう。

関連記事です☆