自宅に居ながら簡単に脱毛が出来るお得な家庭用脱毛器ですが、人気商品となると値段が高いのも現実です。サロンに通うよりは安く済みますが、それでも手を出しづらいという人もいるかもしれませんよね。
そういう時に注目するのが中古の家庭用脱毛器なのではないでしょうか。しかし、中古には中古ならではのリスクや注意点も存在することをご存知でしょうか。

家庭用脱毛器を中古で購入するのはおすすめできません

基本的に、家庭用脱毛器を中古で購入することはおすすめできない現実があります。たしかに中古で買えば新品のものよりも安くで手に入れることが出来ますよね。しかし、家庭用脱毛器というものには寿命もあります。

たとえば、カートリッジ交換式であるケノンなどは、新しいカートリッジを購入することで問題にならないこともあるでしょう。しかし、トリアなどのカートリッジが交換できないタイプの家庭用脱毛器ですと、買ったもののすぐにカートリッジの寿命が切れてしまったということもあり得るためです。

また、中古品は誰が使っていたかもわからず、その程度、清潔にしてあったのかも不明です。そのために衛生面での問題が発生する場合もあり、気を付けなくてはなりません。
そのうえ、出品者の存在が不透明であったりすると、トラブルが起こった時に連絡がつかなくなってしまったり、メーカーが修理を受け付けてくれないという可能性もあるのです。

とくにネットでの購入となると詐欺の被害にある可能性があります。
商品紹介や説明に書いてある情報が必ずしも正しいとは限らず、偽の情報に惑わされてしまう危険もあるのです。そのため、安心安全に購入したいとなると正規品をきちんと購入した方がいいと言えるのです。

何より、せっかくお金を出したのに脱毛効果の薄い脱毛器を購入するはめになっては意味がありませんよね。
単純に値段だけを比較するのではなく、総合的に比較してどちらが本当にお得で、どちらが本当に損をしてしまうのかを冷静に判断するならば、やはり正規品を購入する方が安全だと思いますよ。

中古で家庭用脱毛器を購入する時の注意点

中古の家庭用脱毛器のリスクを聞かされても、それでもやはり安くで手に入れたいという状況もありますよね。どういうものかを試してみたいときや、何らかの理由で新品のものはいらないというときです。
そういう時はどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

まず、購入する前に、中古の家庭用脱毛器のリスクについておさらいしておきましょう。
家庭用脱毛器を中古で購入すると、カートリッジ内臓式である場合はメーカーに交換してもらえない場合があるので、あらかじめカートリッジ交換式のものを選ぶといいですよ。また、壊れたときにメーカーが修理を受け付けてくれない可能性が高いので、その時はいさぎよく諦めるという覚悟も必要です。

次に、中古品ということで衛生面での対処も考えましょう。
おそらく出品者もきちんと手入れをしているとは思いますが、念のためにアルコールで消毒できるようにしておくなど、覚悟と準備も必要であることを覚えておきましょう。
肌トラブルが起こる可能性も考慮しておくといいと思います。火傷などで皮膚科にかかることもあるかもしれないので、そういった情報もきちんと控えておきましょう。

最後に、よさそうな中古品を見つけたとしても、すぐに飛びつかないようにしましょう。
出品者の情報をよく見極め、ウソが含まれていないかどうかを見分ける目も必要です。冷静に判断してから購入するという慎重さも大事ですので、忘れないようにしましょう。

まとめ

中古で家庭用脱毛器を購入することはおすすめできません。メーカー保証や脱毛器の寿命、カートリッジの交換の有無や衛生面を考慮したうえで、安全に購入するならば正規品を買った方が良いといえます。中古品を購入する際は、リスクを正しく理解したうえで慎重に行いましょう。

関連記事です☆