家庭用脱毛器コラム

男性も脱毛する時代!それは家庭用脱毛器でも可能です!

66人がこのページを参考にしています。

今の時代、ムダ毛を処理したいと考えるのに、男女の差はどんどんなくなってきているようです。
男性が脱毛したい理由としては、毛深すぎるのを悩んでいたり、日々の処理を楽にしたいためだったり、肌が弱いのでカミソリ負けしてしまうから……などなど。本当に様々です。
ここでは、そんな男性ならではの脱毛事情について取り上げていきます。

脱毛は男女共通でエチケットマナーになってきている

ダンディさを醸し出すような髭を生やした男性など、自分の毛をファッションの一部のように上手に生かしてモテ男になった人もいますが、そのぶん、髭の中にできやすいニキビなど、清潔を保つのに苦労をしていることもあるようです。
ましてや、普段から髭を生やす習慣のない人、手足などの剛毛が気になっている人にとっては、ただの「ムダな毛」でしかなく、毎日の手入れに気を遣うくらいなら脱毛してしまいたい考える人も少なくありません。

また、ムダ毛の未処理と清潔感は直結したもののように感じる人もおり、例えば接客業に関わっている人にとっては、お客に与える自分の印象やエチケットの意味でも、身だしなみの一環として脱毛は一考の余地ありといったところのようです。

家庭用脱毛器で「男性の濃い毛」はしっかり脱毛できるのか?

「脱毛といえば女性のエチケット」だった時代は過去のこと。
今は男性らしさを残しながらも、ムダ毛のケアをきちんとしている男性の好感度が高くなっている時代です。

女性のムダ毛脱毛には様々な方法があり、美容外科での医療脱毛からエステサロンでの脱毛、さらに最近では家庭用脱毛器の進化がめざましいことから、自宅でケアする女性も増えてきています。

男性のムダ毛は女性に比べると、

  • 全身の広範囲にわたって生えている(胸毛・ヘソ周り・指など)
  • ヒゲなど、場所によっては非常に濃く太く硬い毛が生えている
  • 一本一本が濃く長い

といった特徴があります。

このように男性のムダ毛は、女性のムダ毛に比べるとかなり特徴が異なりますが、はたして家庭用脱毛器で脱毛はできるのでしょうか?

ムダ毛を処理するにあたって、ほとんどの男性にとって美容外科での医療脱毛やエステサロンでの脱毛は、羞恥心の問題もあり抵抗がある方も多いことでしょう。
意を決して病院やサロンに行ってみたものの、カウンセリングも施術も担当するのは女性スタッフばかりで、恥ずかしくて通えなくなってしまったという話も珍しくありません。
そのため女性と同じように、家庭用脱毛器で自宅でセルフケアしたい!と考える方がいても不思議はないですよね。

そうなると気になってくるのは、女性とは毛質がまったく違う男性のムダ毛でも、家庭用脱毛器が使えるかということですが、一般的には男性のムダ毛脱毛も可能とされているのです!

男性が家庭用脱毛器で脱毛するメリットデメリット

男性が家庭用脱毛器で脱毛することによって得られるメリットは、やはりなんといっても、ムダ毛の悩みを他人に知られず、自宅で気軽に脱毛できるということでしょう。
女性だけではなく男性も、濃い胸毛やスネ毛などのパーツは、ムダ毛が多ければ多いほど、悩みが大きければ大きいほど、他人には見せたくないと思うのが当たり前。
特に美容外科やエステサロンは、まだまだ「女性が行くところ」といったイメージも強く、女性の悩みを第一に考えているところが多いため、スタッフも女性ばかりということがほとんどです。

その状況を考えると、男性が美容外科やエステサロンでの脱毛を気軽に行えるとはいえません。
女性に比べると仕事が忙しく帰宅時間も遅くなりがちな男性にとって、予約を入れたりする手間もなく、リラックスしながらケアできる家庭用脱毛器は非常に便利なアイテムといえます。
男性が家庭用脱毛器で脱毛する場合のデメリットは、業務用脱毛器に比べると安全のために出力が抑えられているため、時間がかかるということが挙げられます。
また家庭用脱毛器を使う際には自分で肌の状態を管理する必要があるため、その点を見誤ってしまったりすると、思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があるということでしょう。

男性が家庭用脱毛器を選ぶときのコツとは?

男性が自分でムダ毛ケアをすると決めたとき、特に気をつけたいのが、どんな種類の家庭用脱毛器を選ぶかということです。
家庭用脱毛器には、大きく分けて病院などの医療機関でよく使われている「レーザー脱毛」、エステサロンなどで一般的な「フラッシュ脱毛」の2パターンの商品があります。
レーザー脱毛は医療系脱毛とも呼ばれているだけあって、脱毛効果が高く、男性の濃いムダ毛の脱毛にも効果が期待できますが、一方でかなりの痛みを伴う脱毛法でもあるのです。

病院でのレーザー脱毛は自分では行わず、的確なエリアに最小限の痛みで済むように考慮してもらえたり、痛みを緩和しながら施術してもらうことができますが、セルフ脱毛ではその問題をカバーすることが出来ません。
まして男性は女性よりも痛みに弱いといわれていとることもあり、レーザー脱毛を男性がセルフで行うのは至難の技といえます。

一方、フラッシュ脱毛は、「光」で脱毛していくため、レーザー方式に比べると痛みはそこまで気にならない方がほとんどです。
また男性のヒゲは脱毛器によっては使えない場合も多いのですが、フラッシュ脱毛の場合はヒゲにも効果的といわれています。
カートリッジを入れるだけで利用できるという手軽さ・コストパフォーマンスの高さも考えると、フラッシュ脱毛を選んだほうがベターでしょう。

脱毛サロンに抵抗のある男性は、家庭用脱毛器でセルフ脱毛しよう!

脱毛に興味のある男性が増えている昨今では、男性専用の脱毛サロンやクリニックがあり、ヒゲ脱毛から全身脱毛まで、様々なプランをもって全国各地に登場しています。
とはいえ、興味はあるのに、費用面の問題や、サロン通いそのものに抵抗がある、躊躇してしまうという声もまだ聞きます。

そんな人には、家庭用脱毛器がオススメです。
家庭用脱毛器であれば、誰に気兼ねすることもなく、好きなときに気軽にムダ毛処理ができますし、脱毛サロンに通うより費用がかからないのも確かです。
脱毛器は、照射される光がメラニン(黒などの濃い色素)に反応するようにできているので、濃く太い特徴のある男性の体毛には反応しやすいという、悩みが思わぬ利点になっていることもあり、女性の脱毛に比べて比較的早い段階で効果が出ているようです。

おすすめ機種としては、「ケノン」でしょう。これは女性の間でも人気が高く定評があるフラッシュ式脱毛器です。一度に照射できる範囲がかなり広く、「ヒゲ脱毛」も可能です。

男性セルフ脱毛ついてもっと詳しくはこちら▼
家庭用脱毛器はメンズにもおすすめ!濃い毛の方が、脱毛器はより効果を発揮します!

男性ユーザーからGOOD評価!脱毛器ケノンの特徴

数多く発売されているフラッシュ式の家庭用脱毛器の中で、女性だけでなく、男性からも圧倒的に指示を受けている家庭用脱毛器が「脱毛器ケノン」です。
ケノンの脱毛効果は、業務用エステの脱毛器とほぼ同じ!というクチコミも多く、1回のフラッシュの照射で脱毛できる範囲がとても広いので、結果的には短時間で効果的に処理することができるのです。

男性にとって一番嬉しいのは、ムダ毛のお悩みNo.1とも言われている「毎朝剃っても夕方には生えてきてしまう」濃いヒゲや、長いすね毛も脱毛できるということ!
太くて濃い毛にも強いというのが大きな特徴です。
公式サイトでは約7万円で購入できるほか、時々かなりお得なキャンペーンも行われています。
ケノンはカートリッジを交換することによって半永久的に使える家庭用脱毛器であるため、コストパフォーマンス面でも大変優れているのが特徴です。
またケノンには、ほかの家庭用脱毛器にはほとんどついていない、女性には嬉しい「美顔機能」がついていることや、女性が気になるビキニラインの脱毛も可能なことなどから、一家に一台あれば家族みんなで使えるという優れた脱毛器なのです。
毎朝のヒゲ剃りや、毛深い手足のムダ毛でお悩みの男性の方には、ぜひおすすめしたい脱毛器、それがケノンです!

家庭用脱毛器 ケノン

メンズ脱毛、人気部位ランキング

・1位「ヒゲ
「特に目に触れやすい部位である」「毎朝のようにひげ剃りをする手間があって面倒」などの理由が挙げられます。
また、ヒゲが太く濃い人は、剃った跡が青っぽく残りがちで、これを薄くしたくて脱毛に踏み切る人もいます。

・2位「VIO」

理由としては「排便後の汚くなった肛門周りを拭くのが大変だから」といった、衛生面に関する悩みが多く見られます。

・3位「肘下」
ヒゲはきれいに処理されているのに、いざ腕をまくったら“モジャモジャ”だった……と、清潔感などの目線を気にして脱毛するという理由が挙げられます。
他に、「時計やブレスレットに毛が巻きついて痛いから」との理由も見られました。

・4位~「胸・膝下・ギャランドゥ」
それぞれ、水着になったときなど、「見た目が暑苦しい」「毛があってもいいけど濃すぎるのはちょっと」といった、周りに与える良くないインパクトを何とかしたいと考える人が多いようです。

どこまで脱毛するかは自分次第

男性の脱毛について女性に聞いてみると、「毛深いのを気にしすぎることはない」「ツルツルすぎるのは苦手」という意見があるようです。
これは、脱毛の加減の仕方は、個々が置かれた環境によって変わる部分とも考えていいでしょう。家庭用脱毛器なら、自分の好きな加減でストップすることも再開することもできますので、様子を見ながら脱毛していける利点は大きいと言えます。

家庭用脱毛器関連記事