家庭用脱毛器コラム

脱毛器って痛い?家庭でおすすめ痛くない方法、口コミと効果について

166人がこのページを参考にしています。

家庭用脱毛器を購入する前に「痛みの方はどうなのだろう」と気になっていませんか?
特に痛みが強いとされる両ワキやVIO以外なら、保冷剤でしっかり冷やすだけでもだいぶ痛みを抑えられます。
もし痛みに耐えられないなら、市販の麻酔クリームを塗るのもおすすめです。

脱毛の痛みって、どんな痛みなの?

誰もが家庭用脱毛器を購入する際に躊躇する理由となるのが、使用時の「痛み」ではないでしょうか。痛みに耐えながら脱毛することは単純に怖いですし、何よりその痛みが原因で肌のトラブルを引き起こす事を懸念する人が多いことでしょう。
事実、家庭用脱毛器を使用した時の痛みは実際にあります。また、そういった痛みによって肌のトラブルを招くこともあるのです。

しかし、基本的には耐えられる痛みであり、使用の仕方を守っていれば肌のトラブルを招くこともないのです。では、家庭用脱毛器による痛みとは、実際どの様な痛みなのでしょうか。

家庭用脱毛器には3つの種類があり、それぞれ感じる痛みに違いがあります。

フラッシュ式

脱毛時の痛みは一般的にゴムで弾いたような痛みと言われています。

レーザー式

ひどい場合、焼けるような痛みがあるとされています。
(出力が低いとあまり痛くない)

サーミコン式

そもそも脱毛器式では無く、脱毛器から出る熱線によって毛をカットしており、直接肌に触れないので痛みはありません(そのため脱毛効果は薄い)。

この様にしてみてみると、サーミコン式は別にして、家庭用脱毛器の痛みは基本避けることが出来なことが伺えます。また、レーザー式は痛みは強いものの脱毛効果がフラッシュ式よりも高いので、脱毛効果は痛みに比例しているとも言えます。

また、家庭用脱毛器の痛みは使用する部位によっても異なり、「毛の太い部位」や「皮膚が薄い部分」ほど痛みが強くなる傾向があり、その逆に毛が薄かったり、皮膚の厚い部位や脂肪の多い部分は痛みが軽減されます。

ただ、これらは人によって個人差があり、一概にどの程度痛いのか言い表すことは出来ません。ですが、家庭用脱毛器の殆どには出力を調節することが可能なので、痛みのレベルを調節することが出来ます。それに、最低の出力であれば、耐えられない程の痛みであることもありませんので、必要以上に怖がる必要もないでしょう。

一番痛みを感じやすい部位と痛みを感じにくい部位

もっとも痛みを感じやすい部位は、両ワキやVIOの部位です。
また、痛みを感じにくい部位には、指毛や手足の甲が挙げられます。
痛みを感じやすい部位の特徴には、「ムダ毛が多くて密集している」「保湿をしていなくて乾燥している」などが挙げられます。両ワキやVIOはまさしくその条件に当てはまるでしょう。

一方、痛みを感じにくい部位の特徴としては、「ムダ毛が柔らかくて細い」「ムダ毛があまり生えていない」などが挙げられます。これも、指や手足の甲に生えるムダ毛が持つ条件に当てはまっています。

つまり、痛みに注意が必要なのは、主に両ワキやVIOの脱毛をする時といえるでしょう。

脱毛の痛みを軽減させる方法について

家庭用脱毛器で脱毛する際の痛みは、工夫次第で軽減することが可能です。セルフ脱毛なので、感じる痛みを自分で調整することができます。

脱毛部位をよく冷やすこと

脱毛時の痛みを抑えるには、肌を冷やすのがもっとも基本的で効果的な方法です。ですから、家庭用フラッシュ脱毛器の光を肌に照射する前には、必ず肌を冷やすようにしましょう。

肌を冷やすことで皮膚の神経が麻痺した状態になり、痛みを感じにくくなります。照射前にはよく冷やした保冷剤を用意しておき、それを冷凍庫から出してすぐに皮膚に10秒間ぐらい当てましょう。

照射後の肌も冷やすことで、ダメージを抑えることができます。保冷剤を皮膚に当てるようにするのもいいですね。
ただし、過度に肌を冷却してしまうと低温火傷の原因になる場合もあって危険なので注意しておきましょう。

家庭用脱毛器の照射レベルは徐々にあげる

脱毛の痛みは、肌が慣れていない最初の方が強く感じます。次第に脱毛が進むにつれて、痛みもあまり感じなくなるでしょう。
それを考えれば、最初は照射レベルを低く設定しておいた方がいいですね。特に、脱毛の痛みを抑えたい場合は、初めから照射レベルを最大に設定することはおすすめできません。

フラッシュの照射レベルは、必ず徐々に上げていくようにしましょう。そうすれば、痛みの度合いを低くしたまま脱毛できます。

「痛い」で有名な家庭用脱毛器といえば…

家庭用脱毛器にも色んなタイプがありますよね。
知名度が高くてロングセラー商品になっているのが、パナソニックの脱毛器ソイエです。
ソイエはリーズナブルな価格が魅力の家庭用脱毛器ですが、痛いことでも有名です。
どうしてソイエだと痛いのかというと、脱毛方式に違いがあります。

現在一般的になっている家庭用脱毛器は光を照射して、ムダ毛の生成を抑えるタイプのものです。ソイエは昔ながらの方法で、ムダ毛をまとめて引っこ抜くタイプの脱毛器なんです。

毛抜きで毛を引っ張って抜くと、たった1本でもとても痛いですよね。
ソイエはその形式で脱毛していて、電動式のローラーに毛を絡めて根元からまとめて引っこ抜きます。
ざっくりと言うと、自動の毛抜きの広範囲バージョンのようなものですから、強い痛みを感じてしまうんです。

毛を作る元の細胞や組織などはそのまま残っていますから、半月から1ヶ月程度でまたムダ毛が伸びてきてしまいます。
大元の毛の生成部には何も変化がありませんから、毛が薄くなったり減ったり、生えにくくなるなどの効果はありません。

ソイエが優れているのは、いつでもどこでも使えて、即効性があるのでその場でムダ毛が減ってくれることです。毛が減ったり薄くなったりせず、痛みを感じやすいのがデメリットですね。

>>「ソイエ」公式サイト

痛みに弱い人におすすめなのは「脱毛器ケノン」

快適に脱毛するためには、痛みの少ない家庭用脱毛器を使うのが大切ですね。
痛いと感じないためにも、レベル調節や照射方式が選べて、部位によって使い分けできるフラッシュ方式の脱毛器がおすすめです。

そんな家庭用脱毛器の中でも、一番人気のケノンは多機能で照射面積も広いですし、レベル調節等の機能が充実しています。
光のパワーを左右するレベル調節は10段階もありますから、痛いのが苦手な人はレベル低めで照射すれば大丈夫です。
一番低いレベルから照射し始めて、慣れてくれば少しずつ上げていくなど、自分に合った使い方ができるんです。

ケノンには連射機能がありますから、痛いのが苦手なら3連射か6連射を選べば大丈夫です。
弱い光を連続して照射してくれますから、肌にも優しくて痛みも弱い方法なんです。

ケノンは照射面積が7cm2ととても広いんです。
1回で広範囲に照射できますから、照射時間が短くてすみますね。時間が短いということは痛みも感じにくいですし、効率的に照射して脱毛できてしまいます。

多機能で細かい点にまで色々配慮された脱毛器だからこそ、痛みも少なくて人気も高くなっています。スムーズに短時間に脱毛できて、その人に合った方法で使えるのがケノンの強みです。

ケノンについてもっと詳しくはこちら▼
家庭用脱毛器 ケノン

脱毛器ケノンの痛みに関する口コミ

27歳/Rさん
27歳/Rさん
念願のケノンを購入したはいいものの、もともと痛みに敏感な方で、痛かったらどうしようと心配していました。
説明書には脱毛部位をよく冷やすように書いてありましたので、保冷剤で冷やしながら恐る恐るピカッとやってみました。
すると、あれ?全然痛くありません。照射レベル8で、足の照射をあっという間に終わらせることができました。

22歳/Yさん
22歳/Yさん
僕は髭脱毛の時は、連射機能を使っています。その方が痛くないし、眩しくないんです。
足や胸毛は、普通の一発のやつで脱毛しています。髭脱毛以外は、保冷剤もあまり使いませんね。
22歳/Tさん
22歳/Tさん
脱毛の光は熱いのかな?バチッときたら恐いなぁとビビる私でしたが、ケノン脱毛後はその不安は消え去りました。
うん、全然大丈夫でした(笑)腕や足に比べると、脇はたしかに少し痛みを感じましたが、氷で冷やせば問題ありません。これからもケノンを続けてツルツル素肌を目指します。
30歳/Sさん
30歳/Sさん
照射レベル7くらいまでは全然痛くありません。アンダーヘアもきれいに脱毛できました。
というか、ケノンを何回か使ううちに、脱毛の光に体も慣れてくるみたいです。最初のころより、痛みが気にならなくなってきました。

参考サイト:家庭用脱毛器の口コミランキング~使った人の口コミ・掲示板をまとめました~

キレイになるためには「痛み」に耐えることも多少は必要

はっきり言ってしまえば、痛みの皆無な家庭用脱毛器は存在していません。それに、各社販売している家庭用脱毛器若しくは脱毛方法(レーザー式、フラッシュ式等)によって脱毛時の痛みに差はあるものの、やはり一定の痛みには耐える必要があるのです。

特に、脱毛効果が高いとされる製品を使用する場合や脱毛効果を実感したい場合はなおさらそうだと言えるのです。ムダ毛とは言え、自然に生えてくる毛を脱毛する訳ですから、脱毛時の痛みは家庭用脱毛器にとって付き物だと言えるでしょう。

それに、痛みを全く感じないのも肌への影響を考慮すると考えものです。とは言え、脱毛しながら患部を冷やしたり、麻酔クリームを使用すれば家庭用脱毛器の痛みを和らげることが出来ます。ですので、家庭用脱毛器の痛みを極力抑えたい場合は、自分の肌に合った家庭用脱毛器をチョイスしたり、無理のない脱毛方法(出力を下げたり、冷やしたり)を模索しながら行うようにすると良いでしょう。

家庭用脱毛器関連記事