家庭用脱毛器コラム

毛周期を理解して脱毛効果UP!家庭用脱毛器の使用頻度の重要ポイントについて

80人がこのページを参考にしています。

家庭用脱毛器を使って、いざ脱毛を始めよう!……となったとき、まず考えるのが「正しい使い方」「効果を上げる方法」ではないでしょうか。
せっかく使い始めても、正しい使い方をせず「この脱毛器ダメじゃん!」となってしまうのは、とてももったいないです。
そんなことにならないためにも、まずは脱毛器の正しい使い方と、体毛がどのように生えてくるかのメカニズムを知っておく必要があります。

家庭用脱毛器の正しい使用頻度、最適な使用時期について

せっかく購入したのですから、毎日使って早く脱毛を終えたいと考える人もいるかもしれませんが、それだと脱毛器が持つ本来の実力が発揮できません。
脱毛器の使用は、適度な使用頻度と使う時期を見極めてこそ、効果が現れやすくなります。
なお、ここに記すのは一般的な一例としてですので、基本は各機種の説明に従ってください。

【正しい使用頻度】
脱毛器の使用頻度は、次の脱毛処理までだいたい3週間~1ヶ月ほど開けるのが一般的ですが、脱毛の効果の出方によって少しずつ変えていく必要があります。
だんだん効果が現れてくると、毛の生え方に変化が出てきますので、例えば3週間だったのが1ヶ月おきになり、2ヶ月おきになり……と、脱毛処理の間隔を開けていきます。

【最適な使用時期】
簡単に言うと「日焼けの心配がない時期」、はっきりした季節を挙げるならば、秋から春の初め頃が脱毛に向いた時期といえます。
これは、脱毛器で使用している照射光が黒い色素に反応して脱毛処理をするという特徴から、メラニン色素が多く生成される日焼けの時期を避け、肌を傷めるリスクを減らせるためです。
逆に、初夏から初秋にかけては日焼けをしやすい時期ですので、脱毛処理はオススメできません。

家庭用脱毛器を使う際には毛周期を理解しよう

体毛には「成長期」→「退行期」→「休止期」と呼ばれるサイクルがあり、これを「毛周期」と言います。
毛母細胞が活発になって毛が生えてくる「成長期」、その毛の成長が止まるのが「退行期」、さらに時期が過ぎて毛が抜け落ちると「休止期」に突入し、新しい毛を生やすための準備が始まり、また「成長期」がやってきます。

脱毛処理に適しているのは「成長期」と「退行期」で、「休止期」に処理を行っても効果は現れませんし、いずれ新しい毛が生えてきます。
また、通常、7~8割の体毛が休止期に入っていること、さらに毛周期は体の部位によって違いがあり、短いもので2ヶ月、長いもので5ヶ月程度というサイクルがあって、一度にすべてのムダ毛の処理ができるわけではありません。
そんな事情が絡まり、一度の処理から間隔をあけて何度も繰り返す必要が出てきます。

家庭用脱毛器 リスク

脱毛器ケノンの脱毛箇所別、効果的な使用頻度と照射回数

ここで、家庭用脱毛器ではグンを抜いた人気を誇る家庭用脱毛器 ケノンについて触れてみます。
ケノンの基本的な脱毛処理の間隔は2週間に1回のペースが推奨されています。
中には「ヒゲ脱毛で3日ごと」という男性もいたようですが、これは肌質が強いからできたことで、本来は短くても1週間~10日は間隔を空けます。特に女性は、男性よりも肌がデリケートですから、ムリのないペースを心がけないと肌を痛める原因になります。

また、肌が敏感なデリケートゾーンや顔は、間隔長めの照射スケジュールを別に保ったほうがいいでしょう。どの脱毛器でも言えることですが、その機種で推奨されている間隔を守ることは、安全に効果をあげて脱毛していく上で重要なことです。

脱毛器の使用間隔をあけすぎると、どうなる?

おうちで簡単に脱毛できる家庭用脱毛器も正しい使い方をしないと効果が半減してしまいます。機種にもよりますが、たいていの家庭用脱毛器の使用頻度は2週間に1回くらいなんです。ついめんどくさくて1ヶ月に1回など、間隔があいてしまうと、なかなかムダ毛が減ってくれなくなります。

ムダ毛には生え変わりのサイクル毛周期というのがあります。
グイグイ伸びてくる成長期、抜け落ちていく退行期、次に生えてくるまでお休みする休止期の3つのサイクルを繰り返しています。
このサイクルは部位によって違っていて、サイクルが短い部位でも2ヶ月くらいかかってしまいます。

目に見えるムダ毛は全体の20%くらいなので、眠っている毛の方が多いんですね。
毛穴は無数にあって毛穴ごとに毛のサイクルが違っています。
脱毛期を使う間隔があいてしまうと、毛周期に応じて同じ毛にばかり照射してしまって、眠っている毛に全然照射できなくなってしまいます。
違う毛に照射してダメージを与えたとしても、間隔があいているうちに毛の細胞が回復してしまうこともあるんです。

いつまでたってもムダ毛が減らなかったり薄くならなかったりして、脱毛効果がものすごく落ちてしまいます。家庭用脱毛期は毛周期に応じて脱毛できるように考えられていて、2週間に1回照射するのがベストとなっています。
効率よくスピーディーにムダ毛を減らしていくためも、間隔をあけすぎないのが大事ですね。

脱毛器の使用間隔が短すぎると、どうなる?

家庭用脱毛器を使い始めると、早くムダ毛を減らしたいと思う人もいますよね。
通常の照射頻度は毛周期に応じて2週間に1回となっています。早くつるつるになりたくて、1週間に1回とか3日に1回とか頻繁に使うのはいけません。

フラッシュ方式の脱毛器なら、照射回数が多くなればなるほどカートリッジが減ってしまいます。ムダ毛は毛周期に応じて伸びてきますから、1週間や3日間隔で照射しても、毛が生えそろっていないのに照射することになります。カートリッジの無駄遣いになってしまいますから、コスパが落ちてしまうんですね。

脱毛器の光は毛に含まれているメラニンにしか影響はありませんが、熱で多少なりとも肌が乾燥しやすくなるんです。頻繁に照射してしまうと、そのたびに毛穴の奥が熱でダメージを受けてしまって、回復する間もなくなってしまいます。
肌が乾燥しやすくなるだけじゃなくて、肌がかぶれたり毛穴が炎症を起こしてしまったりなど、色んな肌トラブルが起きやすくなってしまうんです。

毛周期である程度毛が生えそろった状態で照射するのが一番脱毛効率がいいので、メーカーさんの方で2週間に1回と決まっているんです。
短い頻度だと脱毛効果が落ちてカートリッジがムダになっちゃいますし、肌トラブルの危険があるので、きちんと頻度を守って照射するのが一番ですね。

効果を上げる「正しい使い方」と「毛周期」

このように、家庭用脱毛器で効果を上げていこうと思ったときには、脱毛ペースの確認や毛周期とは何なのかを把握する必要があります。
まずは機種ごとの説明書を頭に入れ、毛周期のタイミングを外さないように、効果バツグンの脱毛ができるようにしましょう。

家庭用脱毛器関連記事